信州|上信越高原国立公園|志賀高原|源泉100%かけ流し、プライベートゲレンデのリゾートホテル
メールフォーム フォトギャラリー アクセス サイトマップ HOME
上信越高原国立公園・志賀高原
木戸池温泉ホテル TEL:0269-342821 オンライン予約はこちら
四季×志賀高原


さあ、色鮮やかな風景の中へ。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

木戸池

当ホテルの目の前に広がる木戸池は、
白樺やダケカンバの森に囲まれた神秘的な池です。
笠岳をバックに、高山植物や紅葉など四季折々の表情を見せてくれます。
湖畔を一周する散策路もあり、早朝のお散歩におすすめです。(一周約300m)
旧志賀湖の美しい名残り、木戸池。


いまも息づく志賀高原の生成のドラマ

志賀高原の生成の歴史はまさに、火山活動の歴史でした。
今から1500年前、海底火山の活動に始まり、海底の時代、陸化して2度に渡る火山活動の時代を経て今日に至っています。
その間も300~400万年程前になると、大量の安山岩噴出物によって、まず岩菅山、横手山、坊寺山が、
さらに永い氷河期の火山活動を経て志賀山、焼額山が形成、河川はせき止められて大沼池や旧志賀湖はその湖底の姿を現し、
田ノ原湿原などに形を変え、現在の木戸池はその名残りです。

四季折々のみどころ

4月下旬に志賀草津高原ルートが開通すると、ようやく春到来。
ミズバショウが春の訪れを告げると、雪の下で眠っていた花々が顔を出し始めます。

菜の花公園

菜の花公園(飯山市)

4月下旬~5月上旬、約4haの菜の花畑が黄色に染まります。唱歌「朧月夜」の歌碑があります。

宇木の古代桜祭り

宇木の古代桜祭り

山ノ内町の宇木地区には樹齢850年を超える「千歳桜」をはじめとする名木が点在しており「宇木の古代桜」と呼ばれ、4月下旬の満開の時期には桜祭りを開催しています。
あんずの里

あんずの里(千曲市)

日本一のあんずの里は「森のあんず」として有名。4月中旬には里山一面が薄紅色に染まります。

クリンソウ

クリンソウ

高さ50cmほどになり、日本に自生するサクラソウ科の植物の中では最も大型です。 花季は5月~6月。



標高が高い志賀高原は夏も空気が冷たく爽やか。
可憐な高山植物が咲き乱れ、一年でもっとも華やかな季節です。
短くも美しい夏を満喫しようと、多くの人々が訪れます。

田ノ原湿原(ホテルより徒歩10分)

森林セラピーロードに指定された自然探勝コースのスポットになっています。
志賀高原のシンボル笠ヶ岳をバックに一面に広がるワタスゲの白い綿穂は美しく、感動を覚えます。見頃は6月下旬~7月初旬です。
 

四十八池

四十八池

標高1880mに位置する湿原。湿原内には大小60の池塘が点在し、希少な湿原植物の群落として「日本の重要湿地500」に選定されています。夏には青い空と濃い緑のコントラストが楽しめます。

ヤナギラン

ヤナギラン

ヤナギランはスキー場や山火事の跡地など、高原の日当たりのいい草地に群落を作るといわれています。
見ごろは8月上旬頃です。

 

渋池

渋池

浮島のある渋池の周囲には食虫植物のモウセンゴケが群生し、赤色がかったように見えます。
志賀高原のトレッキングコースでは最もポピュラーな「池巡りコース」の一部を手軽に味わえる、おすすめの散策コースです。
天然記念物 ゲンジボタル

天然記念物 ゲンジボタル

(ホテルより車5分+徒歩10分)
7月初旬~8月中旬、幻想的な光の乱舞を見せる石の湯付近のゲンジボタルは、日本で最も高地に生息することで天然記念物に指定されています。温泉で水温が保たれることと、澄んだ高原の清流がカワニナ(ゲンジボタルのエサ)の生育を可能にしているのです。



志賀高原では、8月下旬からそろそろ秋の気配。
9月下旬から10月中旬にかけて紅葉がピークとなり、
まるでカンバスに描かれた絵のような風景が広がります。

一沼

一沼

車道から見ることができ、特に春先のツツジと紅葉の時期には、周囲が反映して美しい景色となります。
地獄谷渓谷

地獄谷渓谷

渋温泉から地獄谷まで眼下に横湯川をみながら山道を30分。紅葉の時期は圧巻です。
地獄谷野猿公苑では、温泉に入るサルを見ることができます。



日本のスキー場の中でも標高の高さが群を抜く志賀高原。
さらさらのパウダースノーを求めて、
全国からスキーヤー&スノーボーダーが集います。

当ホテル専用ゲレンデ 木戸池スキー場

ホテルの玄関を出れば、ファミリーで楽しむのに最適なゲレンデが
目の前に広がります。
ふかふかのパウダースノーは柔らかいクッションになり、スキーの滑走、
停止もスムーズに行える為、安全性も高まります。スノーボードも滑走可能。
さらに、当ホテル専用ゲレンデですので、団体貸切も可能です。

木戸池スキー場の姉妹ゲレンデ
横手山・渋峠スキー場

志賀高原の中でも最も標高が高い横手山・渋峠スキー場は、「雲の上のスキー場」として人気があります。
山頂からのパノラマも素晴らしく、晴れた日には浅間山や佐渡島、富士山なども見ることができます。
>>詳しくはこちら

焼額山スキー場

標高2030mから望む景観と本州一と言われる良質な雪が人気のスキー場です。
自然の地形を活かした林間コースや、長野オリンピックで利用されたコースなど、多様なコースが用意されており、初心者から上級者まで満足出来ます。
>>詳しくはこちら

一の瀬でスキー

一の瀬は、志賀高原へ北スキーヤー・ボーダーが一度は滑りたいと言うほど人気のあるエリアです。 一の瀬ダイヤモンドスキー場・一ノ瀬ファミリースキー場など、多数のスキー場があり、恵まれた地形と、豊富で良質な雪が特徴です。目的に合わせてスキー場を選べることができるので、快適にスキーを楽しむことが出来ます。

ホテル前より、シャトルバスが出ており各スキー場へのアクセスも簡単です。
※スキー場、志賀高原の各リフト運行状況はこちら

オンライン予約はこちら



お料理源泉かけ流し×温泉客室クラシカルリゾート~施設紹介宿泊プラン四季×志賀高原
団体御利用フォトギャラリーアクセス木戸池温泉物語メールフォームサイトマップHOME
ページの先頭へ
上信越高原国立公園・志賀高原|源泉100%かけ流し、プライベートゲレンデのリゾートホテル 木戸池温泉ホテル
〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原木戸池 TEL:0269-34-2821 FAX:0269-34-2889
Copyright(C)Liberty. All Rights Reserved.